スタッフブログ Staff blog

七五三にお宮参りで着た着物は使えます!でも注意!!

こんにちは~オダハラです。

明日から8月!ということで、浴衣のお着付けのご予約がどんどん入ってきております。

浴衣に合せる髪飾りなどもございますので、お店にぜひお立ち寄りくださいね。

 

まだ暑いですが、そろそろ七五三のご準備を始められるご家族も多いと思うので、こんな話題です。

『七五三のお着物に初着は使えるか』

お子様のお着物の仕立直しの話です。

初着は産着とも書き『うぶぎ』と読みます。祝着とも言います。お宮参りの時に赤ちゃんの上にかぶせるお着物ですね。

柄は、男の子だとこんな感じ

女の子だとこんな感じとか…

レンタルで済まされる方も増えていますが、ご購入やご親戚の初着などお手持ちのものを使われるご家族も沢山いらっしゃいますね。

ちなみに上記の写真は、姫之で過去にお取扱いした商品です。お客様からご予算と色柄をお伺いして、何点かお取り寄せして見ていただくシステムです。良いものがお安く買えますよ♡(宣伝)

 

初着ご購入時に、お店の人から「七五三にも使えますよ!」と聞いて購入された方も多いでしょう。

そうなんです。お宮参りで使ったお着物は三歳(小柄な子なら五歳も)の七五三に使えるんです。

ええ、使えるんですよ、そうなんですよ。でもね…でもね…

そのままは使えませんからね!お直し必要ですからね!

 

最近、近所の写真館さんに七五三のお着付けをすることがあるのですが、初着をそのまま使えると思って持って来られるお客様がたくさんいらっしゃるんです。

お着付けするお着物を数日前までにお持ちいただければチェックもできるのですが、当日お持ち込みの時はちょっと困ります。

こちらがお着物を確認しておいてくださいねとお願いしていても、おばあさま等が『これは昔息子が七五三で着た着物だから!」と初着をそのまま持って来られるケースが後を絶ちません(涙)

 

その場合は無理やりお着付けしますが、お着付けに手間取ることもあるのでお子様にはご負担になりますし、前から紐が見えますし、袖は重いしで『いいことありません』

うちでも14000円位(ものによります)でお直しできますので、お直しなさってください。

 

具体的に説明すると…こちらが初着なのですが、下記の加工を着物・襦袢ともにすることになります。

※ 初着の紐を外して、腰ひもをウエスト位置付近に付け替えます

※ 身長・腕の長さに合わせて『肩あげ』『腰あげ』をします

※ 袖に丸みを付けます

※ 袖に付いている振りを取ります

 

こういったお直しをしてから着られるようになります。

お直しには1週間~かかりますので、早めにご準備くださいね。

 

ちなみに、また初着に縫い直すことは可能です。

 

そして、宝塚で写真館をお探しなら…宝塚花のみちの『工藤写真館』吉田カメラマンをお勧めします!

吉田カメラマンさん以外はお勧めできませんので、必ずご指名ください!

Archive
最新の記事

株式会社 姫之

0797-86-2152 9:00 - 19:00 / 定休日 水曜日